外壁塗装のひび割れ(クラック)の原因や補修方法・費用を解説!

外壁塗装のダメージを放置すると、建物の美観が損なわれるだけでなく、雨水の侵入による内部の劣化、さらには構造上の問題にも発展する可能性があります。しかし、ひび割れ(クラック)の原因や種類、そして適切な対処法を知ることで、これらのリスクを未然に防げます。

この記事では、塗装のひび割れ(クラック)について、どのようなタイプの外壁塗装のひび割れ(クラック)があり、それぞれにどのような危険性があるのかを解説します。また、外壁塗装の適切な補修方法や予防策など、建物の長寿命化に役立つ情報をわかりやすくお伝えします。

大切な我が家を守るためには、外壁塗装の異変にいち早く気づき、適切に対処することが重要です。この記事を読んで、建物の健康管理のポイントを押さえておきましょう。

目次

塗装にひび割れ(クラック)が発生する原因

塗装にひび割れ(クラック)が発生する原因

住宅の外壁塗装にひび割れ(クラック)が発生すると、建物の外観が損なわれるだけで塗装にひび割れ(クラック)が発生する原因なく、雨水の浸入により深刻な被害が生じる恐れがあります。ひび割れの発生原因には、以下の5つが考えられます。

  • 外壁塗装の経年劣化によるひび割れ
  • 車や電車による振動によるひび割れ
  • 地震の発生によるひび割れ
  • 外壁塗装業者の施工不良によるひび割れ
  • 住居の構造の問題によるひび割れ

外壁塗装の経年劣化によるひび割れ

外壁塗装は日々、太陽光の紫外線や風雨に晒され、徐々にダメージを受けていきます。特に紫外線は塗膜を劣化させる大きな要因です。長年さらされることにより塗膜が脆くなり、ひび割れ(クラック)が入りやすくなります。

また、夏季の高温と冬季の低温が繰り返されることで、塗膜が伸縮を繰り返し劣化が進行します。一年を通して自然界の影響を受け続けるため、経年とともにひび割れ(クラック)の発生リスクが高まるのです。

塗装の耐用年数は一般的に10年程度と言われていますが、立地条件や環境によってはより短い期間でひび割れが生じることもあります。例えば、海沿いの建物では潮風による塩害の影響を受けやすく、山間部では昼夜の寒暖差が大きいため、塗膜の劣化が早まる傾向にあります。

車や電車による振動によるひび割れ

車や電車による振動によるひび割れ

以下のような環境では、細かな振動が外壁に常時加わります。

  • 大型トラックなどの大型車両の行き来が多い道路沿いの建物
  • 鉄道の線路に近接した建物
  • 地盤が柔らかい土地に建つ建物

一見すれば気付かれない程度の小さな振動でも、長年に渡り継続的に加わると、徐々に塗膜にダメージを与え、ひび割れ(クラック)の原因となります。

振動によるひび割れは、建物の構造的な弱点部分に生じやすい傾向があります。例えば、窓やドアの周辺、外壁と屋根の取り合い部分、または増改築により新旧の外壁が接合された部分です。

これらの箇所は外壁全体と比べて構造的な強度が低いため、振動の影響を受けやすいのです。

地震の発生によるひび割れ

日本は地震が非常に多く、いつ大地震に見舞われるかわかりません。大地震が発生すると、建物に大きな揺れが加わり、骨組みにひずみが生じます。このひずみが外壁に影響を及ぼし、耐えきれずにひび割れ(クラック)が入る可能性があります。特に老朽化した建物は、地震の影響を受けやすく、外壁塗装に過剰な負荷がかかりひび割れにつながるリスクが高くなります。

地震大国である日本では、建物の耐震性能が重要視されています。新築物件であれば、最新の耐震基準に適合した設計がなされているはずですが、古い建物では耐震性能が不十分なケースも少なくありません。

外壁塗装業者の施工不良によるひび割れ

外壁塗装業者の施工不良によるひび割れ

外壁塗装工事の手抜きや不備が、塗装にひび割れ(クラック)を生じさせる原因になることもあります。以下のような場合が外壁塗装工事の手抜きや不備に当てはまります。

  • 適切な下地処理を行わずに施工
  • 使用する塗料の品質が悪い
  • 塗装作業が雑


このような施工の不備により、外壁塗装に欠陥が残されてしまうと、経年劣化や振動、衝撃に対する耐久性が低下します。

施工不良に起因するひび割れを防ぐためには、信頼できる業者選びが重要です。適切な知識と技術を持ち、丁寧な施工を心がける業者を選ぶことが大切です。

また工事の際は業者任せにせず、施主側も作業工程を確認し、疑問点があれば質問するなど積極的に関与することが望ましいでしょう。工事完了後も定期的に外壁の状態を点検し、不具合があれば速やかに業者に連絡を取るなどの対応が必要です。

住居の構造の問題によるひび割れ

建物の基礎や土台にゆがみや沈下などの構造上の問題があると、建物全体に歪みが生じ、外壁にも過剰な負荷がかかります。この過剰な負荷が外壁塗装を傷め、ひび割れや剥がれなどの損傷の進行を加速させます。

このように、外壁のひび割れ(クラック)は建物の構造的な欠陥に起因する場合もあり、ひび割れの背景には建物自体の問題が潜んでいる可能性があるのです。

特に、古い建物や手抜き工事により建てられた建物では、構造的な欠陥を抱えているケースが少なくありません。例えば、基礎の強度不足、土台の腐朽、柱や梁の変形などです。これらの問題は、外壁のひび割れ(クラック)として表面化する場合があります。

ひび割れ(クラック)の補修を検討する際は、単に塗装の問題として捉えるのではなく、建物全体の構造的な問題としても捉える必要があります。

ひび割れの種類

ひび割れの種類

住まいの外壁塗装にひび割れ(クラック)を見つけたら、それは家からのSOSかもしれません。ひび割れ(クラック)の種類によって、原因や危険度は様々です。それぞれの特徴を知ることが、適切な対処への第一歩となります。ここでは、塗装のひび割れを以下の6つのタイプに分け、わかりやすく解説していきましょう。

  •  ヘアクラック
  • 構造クラック
  • 開口クラック
  • 乾燥収縮クラック
  • 縁切れクラック
  • 外壁材の浮きによるクラック

 ヘアクラック

人の髪の毛ほどの細さで、塗装の表面にのみ現れる浅いひび割れ(クラック)です。塗膜の経年劣化が主な原因で、構造体への影響は比較的軽いといえます。

しかし、放置するとひび割れの細い隙間から雨水が建物内部に浸入し、木材の腐朽や鉄骨のさびなど、内部の劣化につながる恐れがあります。

構造クラック

1mm以上の太いひび割れ(クラック)で、建物の沈下やゆがみなどの構造的な変形が原因で生じます。この種のひび割れ(クラック)は、建物の骨格である構造体に異常が起きている危険な現象の兆候です。

重症化が進めば建物全体の安全性が著しく損なわれ、最悪の場合は崩壊する恐れもあります。また、ひび割れが内部の鉄骨にまで達していれば、鉄骨のさびなどの被害も避けられません。

開口クラック

開口クラック

窓や扉の開口部の角から斜め方向に入るひび割れで、開口部の建具の収まりが適切でないと発生しやすいです。開口部周辺にひび割れ(クラック)ができると、ひび割れの隙間から雨水が室内に浸入し、内壁や床の劣化、腐食などの被害が生じます。

さらに開口部周辺はひび割れ(クラック)が目につきやすい場所でもあるため、外観の悪化も避けられません。

乾燥収縮クラック

0.5mm程度の細いひび割れで、コンクリートやモルタルの乾燥に伴う収縮が原因で発生します。ひび割れ(クラック)自体は構造体への直接的な影響は少ないものの、ひび割れから雨水が浸入すれば、木部の腐朽や鉄筋のさびなど、内部劣化に繋がる恐れがあります。

縁切れクラック

縁切れクラックは、外壁材の端部から内側に向かってひび割れ(クラック)が入るもので、外壁材と下地との接着不良が原因で発生します。このようなひび割れが進行すれば、外壁材が剥がれ落ちる危険性があります。

落下した外壁材によって通行人などに被害が及ぶ恐れもあるため、ひび割れ(クラック)を発見次第、迅速な補修対応が欠かせません。

外壁材の浮きによるクラック

外壁材が下地から浮き上がり、はく離したことで生じるひび割れ(クラック)です。施工の手抜かりや不適切な材料の使用が主な原因となります。

浮きひび割れが発生していると、外壁材が建物から完全に剥がれ落ちる危険性があり、落下物による被害が危惧されます。人命に係わる重大な事態に発展する可能性もあるため、発生時には至急の補修が不可欠です。

外壁のひび割れ(クラック)を放置するリスク

外壁のひび割れ(クラック)を放置するリスク

住宅の外壁にひび割れ(クラック)は、一見したところでは深刻な問題には思えないかもしれません。しかし、適切な補修を怠れば、ひび割れ(クラック)は次第に大きくなり、様々な悪影響を及ぼします。

ちょっとした傷だと軽く見ることなく、早期に対策する必要があります。ここでは、以下の主な6つの危険性について詳しく解説します。

  • 見た目が劣化する
  • 雨漏りが発生する
  • 建物の耐久性が下がる
  • 湿気によりカビが発生する
  • シロアリが発生する


それぞれについて見ていきましょう。

見た目が劣化する

建物の外観に目立つひび割れ(クラック)があると、時間の経過とともにそれが拡大し、手入れが行き届いていないという印象を与えてしまいます。物件の売買や賃貸の際、このような外観の劣化は好ましくない評価を下される傾向にあり、物件の価値が大幅に下がる可能性があるのです。
特に、ひび割れ(クラック)が目立つ物件は、購入検討者から敬遠されがちです。彼らは、補修費用を見積もった上で、当初予定していたよりも低い価格を提示するでしょう。最悪の場合、資産価値が著しく下落し売却そのものが難しくなる恐れもあります。

雨漏りが発生する

雨漏りが発生する

ひび割れ(クラック)は雨水の浸入経路となります。ひび割れ(クラック)から雨水が建物内部に浸入すれば、構造材の腐食やさび・内装材の損傷・カビの発生など・内部の劣化が避けられません。長期間放置すれば劣化はさらに進行し、大規模な補修工事が必要になる可能性もあります。

建物の耐久性が下がる

ひび割れ(クラック)から雨水が浸入し続けると、鉄筋のさびが進行します。錆びた鉄筋はコンクリートを押し広げる力が働くため、新たなひび割れ(クラック)が生じたり、既存のひび割れ(クラック)が拡大したりします。コンクリートに剥離や破壊が生じれば、建物全体の強度が低下し、最悪の場合、建物が崩壊する可能性もあります。

湿気によりカビが発生する

ひび割れ(クラック)から雨水が建物内部に浸入すると、湿気が溜まりやすくなり、カビが繁殖する原因となります。カビは目に見えない胞子を飛散させ室内の空気を汚染します。

カビの胞子を吸い込むと、アレルギー反応や呼吸器系の疾患を引き起こす可能性があります。特に、子供やお年寄り、喘息などの持病がある方は要注意です。カビは建材を傷めるだけでなく、住んでいる人の健康にも影響する可能性があります。

シロアリが発生する

外壁のひび割れを放置すると、シロアリの侵入を招く恐れがあります。シロアリは湿気を好む性質があるため、雨水が浸入したひび割れは格好の住処となります。一度シロアリが建物内部に入り込むと、木材を食い荒らし建物の構造を脆弱にしていきます。

シロアリによる被害は様々な形で現れます。具体的には、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 床の沈下
  • 窓や扉の開閉不良
  • 建物の傾斜

これらの問題は、日常生活に大きな支障をきたすだけでなく、建物の安全性にも関わる重大な事態です。

外壁塗装のひび割れ(クラック)の補修方法

外壁塗装のひび割れ(クラック)の補修方法

外壁塗装のヒビやクラックは、見つけ次第、適切に処置することが大切です。放っておくと、建物の見た目が損なわれるだけでなく、雨漏りなどの深刻なトラブルに発展する恐れがあるからです。

ここでは、ヒビの補修が必要かどうかの見極め方と具体的な補修方法、そして補修工事の流れについて詳しく解説します。

ひび割れ(クラック)補修が必要かどうかの判断基準

ひび割れの幅が0.2mm以下の細いものは、ヘアクラックと呼ばれ、すぐに補修する必要はありません。しかしそれ以上の幅になると、雨水の浸入による構造劣化のリスクが高まるため、早期の対応が必要です。ヘアクラックを発見したときに修理依頼する方が安心でしょう。

外壁塗装のひび割れ(クラック)補修方法の種類

外壁塗装のヒビ補修には、主に3つの方法があります。

  1.  Uカットシール工法
  2. 樹脂注入工法
  3. カットシーリング充填工法

 Uカット工法

Uカット工法はヒビの部分を U 字型に切り取り、防水性の高い材料を埋め込む方法です。浅めのヒビに適しており、作業も比較的簡単で費用が抑えられるのが魅力です。


 樹脂注入工法

樹脂注入工法は、ひび割れの奥深くまで専用の樹脂を注入し、内部から補強する方法です。深いひび割れや建物の構造に関わる問題が疑われる場合に適しています。根本的な解決が期待できる反面、費用は少し高めです。


カットシーリング充填工法

シーリング工法は、ヒビをカットし防水性のあるシーリング材を注入する方法です。Uカット工法よりも深いヒビに対応できますが、ヒビの原因によっては再発する可能性があります。

補修工事の流れ

補修工事は以下の手順で実施されます。

  1. ひび割れ(クラック)の調査・診断
  2. 補修方法の選択
  3. 下地の準備(清掃・乾燥)
  4. 補修材の充填
  5. 表面の仕上げ(外壁塗装など)


この流れを踏むことで、ひび割れの原因を除去し、再発を防ぎつつ外観も改善できます。

外壁塗装のひび割れ(クラック)の補修費用の相場

外壁塗装のひび割れ(クラック)の補修費用の相場

ひび割れの隙間から雨水が浸入すると、内部の木材や鉄筋における腐食・さびなど、建物の劣化が進行してしまう恐れがあるため、早期のひび割れ補修工事が不可欠になります。

ただし、補修工事には一定の費用が掛かることを覚悟しなければなりません。ここでは、ひび割れ(クラック)の補修費用の相場について解説します。

クラックの種類と補修方法による費用の違い

ひび割れの補修費用は、ひび割れの規模によって大きく変わります。細く浅いひび割れであれば、シーリング材を充填するだけの簡単な工事で済むため、数万円程度の費用ですみます。

一方、ひび割れが建物の構造体にまで達する深刻な場合は、大規模な補強工事が必要となります。外壁の一部を切り離してひび割れに注入剤を流し込んだり、新しい外壁を張り替えたりする作業が必要になるためです。そうなると100万円以上の高額な工事費用がかかる可能性があるでしょう。

このように、ひび割れが広範囲に広がり深くなればなるほど、補修工事の規模が大きくなり、費用も高くなる傾向にあります。

外壁塗装とひび割れ補修の費用

外壁のひび割れ補修工事は、外壁の塗り替え工事と同時に行われることが一般的です。塗装の下地処理の際に、あわせてひび割れ部分の補修をするのが効率的だからです。

外壁塗装とひび割れ補修を一緒に発注する場合の工事費用は以下の概算になります。

項目費用の目安
足場代30万円~50万円
材料費20万円~50万円
人件費50万円~100万円
ひび割れ補修費10万円~50万円
合計110万円~250万円

工事費の合計は110万円~250万円程度が一般的な目安となります。ただし、この金額は建物の規模や地域によって変動しますので、正確な見積もりは業者に相談しましょう。

外壁塗装のひび割れ(クラック発生)を防ぐための対策

外壁塗装のひび割れ(クラック発生)を防ぐための対策

外壁塗装のひび割れ(クラック発生)を防ぐためには以下のような対策をする必要があります。

  • 定期的な点検とメンテナンスをする
  • 適切な塗料を選択する
  • 優良業者に依頼する

外壁塗装の定期的な点検とメンテナンスをする

外壁塗装の定期的な点検とメンテナンスをする

外壁のクラック予防には、日ごろの点検とメンテナンスが欠かせません。特に、次のようなポイントに注意しましょう。

  • 外壁の汚れやシミ・変色がないか確認する
  • 塗膜のはがれやふくれがないか確認する
  • 小さなひび割れ(クラック)がないか、目を凝らして見る

これらの変化は、クラックの前兆かもしれません。早期発見・早期対処が大きなトラブルを防ぐ鍵となります。

また、定期的な外壁塗装も重要です。一般的な塗料の寿命は10年前後と言われているため、塗膜が劣化する前に塗り替えを検討しましょう。


適切な塗料を選択する

外壁塗装には、シリコン系、ウレタン系、アクリル系など様々な種類の塗料があります。それぞれの塗料には以下のような特徴があるので、自宅の外壁に合った塗料を選ぶことが大切です。

塗料の種類特徴
シリコン系・高耐久性
・高防汚性
・高光沢
ウレタン系・高耐久性
・高弾性
・高防汚性
アクリル系・汎用性が高い
・比較的安価

自宅の立地条件や外壁の素材、予算などを考慮しながら最適な塗料を選びましょう。

優良塗装業者に依頼する

外壁塗装は、建物の美観と耐久性に大きく影響する重要な工事です。だからこそ、信頼できる優良業者に依頼することが大切です。以下の優良業者の選び方のポイントを参考にしましょう。

  1. 実績と経験が豊富である
  2. 適切な保険に加入している
  3. 丁寧なヒアリングと提案をしてくれる
  4. アフターフォローが充実している

複数の業者から見積もりを取り、比較検討することをおすすめします。価格だけでなく、工事内容や使用する塗料、アフターフォローなどもチェックしましょう。 信頼できる業者を選ぶことで、クラックの再発生を防ぎ、美しい外壁を長く維持できるのです。

外壁塗装業者の選び方のポイント

外壁塗装業者の選び方のポイント

外壁塗装は住まいの美しさと耐久性を大きく左右するため、品質とサービスに優れた業者を選びたいところです。

そこでここでは、信頼できる外壁塗装業者を選ぶための以下の3つのポイントを紹介します。

  • 外壁塗装の実績と評判がよい
  • 保証内容が充実している
  • アフターサービスが丁寧

外壁塗装の実績と評判がよい

まず確認したいのは、その外壁塗装業者の実績と評判です。以下の2点を確認しその業者の実力を見極めるようにしましょう。

  • ネット上の口コミや知人からの評判を集める
  • 過去に施工した実績を見せてもらう

さらに、身の回りのその外壁塗装業者に工事を依頼した人がいる場合は、塗装の仕上がりを見せてもらいましょう。実際の仕上がりを確認しきれいに仕上がっているようであれば、安心して依頼できる可能性が高くなります。

保証内容が充実している外壁塗装を選ぶ

保証内容が充実している外壁塗装を選ぶ

次に重視したいのが、保証内容の充実度です。優良な外壁塗装業者は、手厚い保証を用意しています。外壁塗装の保証は大きく分けて3種類です。

  1. 施工の品質を保証
  2. 使用する塗料の品質を保証
  3. 定期的な無料点検・補修を実施


これらの保証を長期間提供してくれる業者は仕事の内容に自信を持っていると考えられます。 万が一の不具合にも、責任を持って対処してくれるはずです。

逆に、保証期間が短かったり、内容に曖昧な点が多い業者は要注意です。トラブルの際に、きちんと対応してもらえない恐れがあるので避けたほうが無難です。

アフターサービスが丁寧な外壁塗装を選ぶ

最後に、塗装工事完了後のアフターフォローの品質です。以下のようなアフターサービスがある業者であれば、工事完了後も安心できるでしょう。

  • 定期的にメンテナンスの案内や、お得な情報を発信してくれる
  • こちらからの問い合わせに、迅速かつ丁寧に応えてくれる
  • メンテナンス時だけでなく、日ごろから建物の状態を気にかけてくれる


こういった細やかな心配りといった、工事後も顧客とのつながりを大切にする業者なら、塗装工事を誠実に行ってくれる可能性が高いでしょう。

まとめ

まとめ


外壁のひび割れ(クラック)は、決して軽視できる問題ではありません。建物の見た目を損ねるだけでなく、雨漏りや構造上の不具合、健康被害など、深刻なトラブルを引き起こす恐れがあるからです。

これらの問題を未然に防ぐには、定期的な外壁塗装の点検とメンテナンスが欠かせません。ひび割れ(クラック)を発見したら、早めに塗装業者に相談し適切な補修を行うべきでしょう。

業者の選び方や見極め方がわからない方、外壁塗装を検討されている方には、ペイプロがおすすめです。

ペイプロでは、全国28,000社の中から厳選された優良業者のみを紹介。さらに、火災保険や助成金の申請サポートも無料で行っているため、工事費用を大幅に抑えることができます。ひび割れ(クラック)が見つかり、外壁塗装をすべきかどうか悩んでいる方は、ぜひペイプロにご相談ください。

ご相談は無料なので、外壁塗装が必要かどうか聞きたいという場合も大歓迎です。少しでも悩んでいることがあれば、ぜひお気軽にお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次